気象予報サイトの御紹介

今年は西日本で豪雨による大規模な災害が発生しましたが、

北海道でも留萌や深川方面で大雨による被害があり

西日本とまとめて激甚災害に指定されました。

ふりかえってみると平成26年、平成28年にも

台風による被害で北海道は激甚指定を受けており、

2年おきに大規模な風雨災害に見舞われていることが分かります。

地球全体の気候が大きく変わってきているのかもしれませんが、

身近な気象の傾向も昔とはずいぶん変わってきている印象です。

そんな中、土木の仕事に携わっている皆さんは

やはり天気の情報、特に雨の予報について

関心が高いのではないでしょうか。

そこで今月は、現在から数時間先の降雨の状況を

地図上で確認できるサイトを3つ御紹介します。

気象庁ホームページ今後の雨降水短時間予報

こちらのページでは15時間先までの

1時間降水量の予報を見ることができます。

最初は全日本地図が表示されますが、

地図を拡大異動させると市町村名まで表示されるため

知りたい地区の雨の予報をピンポイントで知ることができます。

気象予報

とは気象庁や米国海洋大気局などの気象予測モデルを

スーパーコンピュータで計算した予測値を指します。

こちらのサイトでは雨量雲量、気温温度、気圧風速

という3要素について、最大36時間程度先までの予報を見ることができます。

ちなみに北海道は大きく道北道南という2パターンの地図表示になります。

気象予報

気象予報を新しくしたものです。

とは両方とも感覚的に使える上

スマートフォンにも対応しており便利ですが、

見やすさや使いやすさに好みがあったり

御使用の機器との相性もあるでしょうから、

使い勝手のいい方をお選びいただけると良いかと思います。

すでに御存知の方も多い情報だったかもしれませんが、

すこしでも御役立ていただけましたら幸いです。